1. 決マル婚
  2. 5ステップ テキスト
  3. vol.3 結婚した後で失敗したくありません

STEP1 最初に「こうなったら幸せ!」をイメージする

Q. 結婚した後で失敗したくありません

A. 行動する前にゴールをイメージします

結婚した後で失敗したくありません

第3話 メインディッシュは何だったら最高?

2018.08.01

前話に引き続き下北沢のカフェでのやりとり。
マリコさんにはとにかく、婚活のやり方をひととおりインプットしていただきます。

"自分で自分を最高にもてなす。自分が一番美味しいと思う料理を自分に差し出す"
自分の幸せの優先順位を引き上げたところで、お客様としての自分をどのようにおもてなしするかを考えます。
「料理人としてのマリコさんなら、お客様を満足させるために、何から手をつけます?」
「お客様は何が好きか、好みをリサーチする」
「それ以前にやっている作業があるのでは?」

何よりも先に、お客様がどういう状態になったら成功か、おもてなしに大満足してもらって成功した時のイメージを思い浮かべていませんか? お客様が大好きなメインディッシュをほおばって満面の笑みを浮かべている姿。
「ああ、そういうことか。ゴールのイメージですね」

どうして結婚したいの? 理想のパートナーと出会うスタートラインとして、まずは自分の幸せのかたちをイメージします。婚活を最短で終わらせるには、最初にゴールを設定することです。
ゴールが無い状態で行動するということは、誰に出会っても、どんな状況が訪れても、成功も失敗も認識しようがないのです。
つまり、婚活は永遠に終わらない。もしくは、結婚してもどうだったらOKなのか自分でも不明なままなので、後で後悔する可能性もなきにしもあらず、となってしまいます。

どういう状態になったら「婚活は終わった!成功した!」と言えますか?
一行の文章、一枚の絵や写真、どんな形でもいいので「こうなったら幸せ!」をイメージします。

ライフスタイル

マリコさんの理想のパートナー、「星野源みたいな人。社会性のあるオタクが好き」というイメージはいつ頃から出てきましたか? 彼のどんなところをいいと思いましたか? その彼とどうなりたいですか?
星野源さんは例示の一つだと思うので、いつか別の例に変わってしまうかもしれません。でも、「社会性のあるオタク」はどうでしょう? 少なくとも、マリコさんは私に即答していました。相当期間、色々なものを見聞きして感じて創り上げた理想像なのではないでしょうか。

そうだとすると、その理想像はマリコさんの性格や志向の裏返し。
自分に欠けている所を補完してくれたり、自分をより高めてくれたり、やりたいことを一緒にやってくれたりするような要素を持っているはず。
その彼が隣にいることは、マリコさんの人生にとってどんな意味がありますか? 無理をする必要がなくいつも自然体でいられる。パワーをもらえる。怖いものがなくなる。一緒に頑張れる・・・。

自分の幸せのかたち、それが婚活のゴール、"目的"になります。彼と人生を共にすることが目的となり、その彼と出会うことが"目標"になります。
ここでイメージした「こうなったら幸せ!」が結婚後、現実に再現された時、あなたの婚活は成功となります。

ここで具体例として一つ、私の例を挙げてみましょう。メモの続きを読んでみて。

結婚しようと思い立った当時、私がイメージした幸せのかたちは、

「仕事がデキるイケメンと都会のマンションで楽しく暮らす」

これが私の「こうなったら幸せ!」のイメージ。理想のパートナーとのライフスタイル。
なんと稚拙な表現! 貧困な発想力! と思われるかもしれませんが、人からどう思われようと自分が心から幸せと思えるなら、こんなものでもよいのです。
大事なのは行動する前にゴールがイメージできているか。そして、そのゴールが自分の本当にやりたいこと、なりたいものと合致しているかです。

「イケメン」とか「都会の」などと言ってますが、理想とは他人が羨むようなセレブリティな生活を目標に掲げなければならないということではありません。
いかに素の自分、自然体を描き出せるかが重要。

自分はどういう性格なのか? どういう状態だったら最高に気分がいいのか? 自分の素直な気持ちを列挙してみると、

  • ・人の容姿に関心が高い。
  • ・仕事が好きで、計算能力や行動力をフルに発揮している時が一番楽しい。
  • ・自分と価値観が近くて、決断の早い人と一緒に行動するのが気持ちいい。
  • ・どんなにお金があったとしても、資産よりフットワーク重視。住む家で言うと、戸建ての大豪邸より、都心にアクセスがよく、いつでも引越しやすいマンションの方が好き。

という具合。ここから上述のイメージを描き出しました。

実をいうと、この理想像「仕事がデキるイケメン」は、少女マンガやテレビドラマの影響で、小学生の頃に抱いた憧れそのままだったりします。
思い起こせば独身時代の私は、このイメージどおりの彼が隣にいてもバランスが取れるようなキャリアウーマンを目指して、東京の会社でバリバリ働いていました。要するに私は、幼少期からずっと一つの理想像を念頭に置いて、自分を磨き続けてきた人間だということ。

そこまで徹底していたわりには、実際に彼氏と付き合う段階になると理想像など全く忘れてしまう。背格好も顔のタイプも性格も職業もバラバラ。その結果、その彼氏たちとは全員別れてしまったわけです。

そんなに思い続けている理想像があるなら、さっさと直球で狙えばいいのに。もっと早く自分の気持ちに素直になればよかった。
それにようやく気づいた時、それまでモヤモヤしていただけの妄想は、私が実際に結婚したいと思う相手、明確な目標に変わったのでした。

マリコさんは、「理想どおりの人が現れて、しかも自分と結婚してくれるなんて、そんな上手い話があるのか」と言いましたが、その彼と一緒にいるところを想像して幸せを感じる、自分のパートナーとして必然性を感じるなら、それこそがあなたが生きるべき人生。あなたにとって、最も自然な状態です。

自分の本音

多くの人達にとって幸せのほとんどは、自分が思ったとおりのことが起きたり思ったとおりの物が手に入ったりして、嬉しい、気持ちいいと感じたことで構成されているのではないでしょうか。だとすると結局、幸せになれるかどうかは、自分の本音にいかに迫れるか、その本音にいかに素直に行動できるかだと思いませんか?

描いたイメージはもちろん、現実のものに出来ます。
なので、ゴールのイメージが描けたら、次はその理想を現実にする方法を説明します。

決マル婚とは?

<成功までの5ステップ>

成功までの5ステップ

決マル婚とは、
「"自分に最適な結婚相手はこの人!"と確信をもって相手を決められるようになる」
「"この人と一緒になれば自分は幸せ!"と納得して結婚を決断できるようになる」
という婚活に必要な決断力を身につけていただくことを目的としたメソッドです。 彼氏ナシから、5ステップで"幸せな結婚生活"へと導きます。

相談事例 連載記事一覧

<全24話連載中! 毎週水曜更新>