1. 決マル婚
  2. 5ステップ テキスト
  3. vol.12 相手が両想いか、今からでも分かるようになる?

STEP3 相手の"好き"を判断するものさしをつくる

Q. 相手が両想いか、今からでも分かるようになる?

A. 理屈が分かればすぐに出来ます

相手が両想いか、今からでも分かるようになる?

第12話 味の決め手

2018.10.03

前話に続き、有楽町のイタリアン・カフェで相談延長。
初対面の男性が両想いかを見極めるにはどうすればよいか、相手の"好き"を判断するものさしを持ってもらうためのインプットの話です。

前話では、マリコさんが料理教室を開催したとしたら、ということで料理教室のAさんと、試食会のBさんの例題について話しましたね。
そもそも、なぜ料理の場面だとマリコさんは、Aさんの反応を予測できたり、Bさんと他の2人の反応の違いを識別できたりするのでしょう?
それは、あなたが判断するものさしを持っているから。その料理について「味の決め手」を持っているからです。

料理が得意なマリコさんは、それぞれの料理に決まった味を持っています。作っている最中に味見をして、自分が決めているとおりの味になったと思った時点で、完成を決断します。これは料理の不得手な人には出来ない芸当。自分で努力して習得した能力です。
美味しいという「味」自体は、お母様や料理学校の先生から受け継いだかもしれません。ですが、これでいいと判断する時の「決め手」は自分の心の中の状態なので、他人から教えられるものではなく、訓練して自分で磨き上げたものだと思います。

もし、料理の不慣れな私が、今からマリコさんと同じことをやろうと思ったら、まずは完成した料理を食べて「味」を覚えます。そして「決め手」については、あなたからどの段階で味見して、どのようなことを感じとれればよいのかのコツを教わり、あとは私自身の訓練で自分が生活に困らないレベルを目指して、勘を磨き上げるでしょう。

恋愛でマリコさんが両想いを見極められるようになるのも、これと同じことです。
まずは、基準となる「味」を、常にブレることがないぐらいにハッキリと認識しておいて、それを使って決断できるよう、訓練で自分なりの「決め手」を作って磨き上げるのです。

自分の魅力

恋愛の場面で「味」に代わるものさしは「自分自身の魅力」です。マリコさん自身が、自分の良い所をハッキリと認識すること。
マリコさんは、彼に自分のどこを好きになってもらいたいですか? そこさえ分かって、常にブレないようになれば、「決め手」は自分の中で自ずと育ちます。
少なくとも、マリコさんの洞察力は既に天下一品。理屈さえ分かってしまえば、習得にさほど時間はかからないでしょう。
理想のパートナーのことを真剣に考えた時に、隣にいる自分自身も何度も思い返したはずです。自分の魅力、自分の中で彼に好きになって欲しいところ。既に自覚していることを、再認識するだけです。

自分自身の「味」を認識できたら、次は「決め手」となる実践の勘を磨く話です。ここで、実践の狩の手順を確認しましょう。

  1. 1. 獲物を探して見つける。
  2. 2. 射程距離を測る。
  3. 3. 射程圏内に入ったら、照準を定める。
  4. 4. ベストなタイミングまで待って、捕獲。

1番は"理想のパートナーのレシピ"どおりの彼を探して見つける工程。
問題の「両想いを見極める」の話は2番の工程になります。射程距離を測って、相手が自分の射程圏内かどうかを見極めます。圏内なら両想い。圏外は全て見送りです。
圏内の両想いの彼のみ、交際相手としてネライを定め(3番)、近づいて親しくなって交際スタートとなります(4番)。

マリコさんは、1番までは進めていますね。なので、本題の2番「射程距離を測る」について解説します。
射程距離とは、「(猟銃など)その威力が有効となる目安の距離」と説明されます。
前話の例題、料理教室のAさんや、試食会のBさんの話を思い出してください。料理の場面で相手の反応を伺う時、自分の頭は一体どんな作業をしていると思いますか?

あなたは「自分がイイと思った味」と「相手が感じとった味」との距離を計測しているのです。その2点間の距離が近ければ近いほど「美味しい!」となって、相手は自分が期待したとおりの反応を示します。これがすなわち、両想いの状態。逆に、遠ければ遠いほど、期待はずれの反応に終わります。

自分の味と相手の味が一致した瞬間、その相手はどんな反応を示すでしょうか?

相手の反応

  • ・思わず「美味しい!」と言葉をもらす。
  • ・食べた瞬間、瞳がパッと輝く。
  • ・自然に口角が上がる。
  • ・自分に向ける視線が優しくなる。

これらの反応のほとんどを、マリコさんは相手が目の前に現れる前から、何度となく妄想しているはずです。
自分が美味しいと思う料理を食べて、満足してほしい。心を込めて作ればきっと伝わる。食べた相手はきっとこのような反応を示してくれるに違いない、と。

恋愛の両想いも、これと全く同じことをすればいいだけです。
恋愛では、「自分がイイと思った魅力」と「相手が感じとった魅力」との距離を計測します。
自分の魅力をイイと思ってくれた瞬間の相手の反応を、相手が現れる前から妄想します。
そして相手が現れた時、期待どおりの反応を示せば、その彼が両想いの相手ということです。

「勝手に都合よく妄想したことが、現実に再現されるってこと??」
そんなのあり得ないと思ってます?
勝手にムリだと決め付けて安易に目を逸らさないことです。マリコさんは既に料理の場面では何度となく、しかもいとも簡単にやってのけているのだから。
既にその能力は持っているし出来るのに、使わないから鈍っているだけです。一度要領を掴めば、呼吸するのと同じぐらい当たり前になります。

やり方の説明はここまで。レシピの時と同様、次は実例を挙げてお話しします。

決マル婚とは?

<成功までの5ステップ>

成功までの5ステップ

決マル婚とは、
「"自分に最適な結婚相手はこの人!"と確信をもって相手を決められるようになる」
「"この人と一緒になれば自分は幸せ!"と納得して結婚を決断できるようになる」
という婚活に必要な決断力を身につけていただくことを目的としたメソッドです。 彼氏ナシから、5ステップで"幸せな結婚生活"へと導きます。

相談事例 連載記事一覧

<全24話連載中! 毎週水曜更新>