1. 決マル婚
  2. 5ステップ テキスト
  3. vol.16 相手を探している時間ばかりが過ぎて不安です

STEP4 相手を探す前に"探す"を理解する

Q. 相手を探している時間ばかりが過ぎて不安です

A. 得意分野で結果を出すパターンを再確認します

相手を探している時間ばかりが過ぎて不安です

第16話 段取りの威力

2018.10.31

「相手がいつ現れるかは問題ではない」
私は料理ではマネできないと言いましたが、他のことなら、マリコさんの料理に代わる得意分野を私も持っています。

私は婚活しようと思い立った当時、IT業界のベンチャー企業で、今と同じWebディレクターの仕事を始めていました。その前は、同じ業界の別会社で経理の仕事をしていました。
判断力や決断力ということであれば、確かにWebディレクターの方が厳しい局面が多いのですが、「期限内に結果を出す」という能力は、経理時代に訓練されたものと確信しています。

経理時代の仕事は、部署のメンバーで協力して、営業社員から上がってくる伝票を捌いて、決算日までに決算書を完成させるというものでした。
設立間もないベンチャー企業の場合、営業も経理も互いに大企業のようなマニュアルもなく、業務フローがなかなか安定しません。しかも成長企業だったりすると、取引量が膨大な上に、何の前触れもなく期日ギリギリに初めて見るような内容の伝票が矢継ぎ早に降って来る状況。加えて、本当に漏れが無いかこちらから聞いて回ったりもしなくてはなりません。
業務内容は毎回変動するのに、期日だけは固定。決算日や納税の申告期限は、定款や法令で決まっているので、何があっても期日が後ろに倒れることはありません。
正に戦場のような職場でしたが、それでも毎回、決算書は期日どおりに完成しました。

どんな無茶振りが来ようと、それでも期限内に必ず結果を出す。自分の人生で10年近くも繰り返しやって来たことです。これだけ散々やって来たのだから、私は恋愛の場合だけ上手く行かないとは考えませんでした。

経理vs料理

「相手がいつ現れるかは問題ではない」
マリコさんの料理の例は、作業内容は自分で決められるけど、相手が登場するタイミングは自分で選べない。私の経理の例は、期日は確定しているけど、作業内容が未確定なので、作業内容に応じた終わりのタイミングを自分では選べないという状況。
どちらも自分に合ったタイミングを選べない、他人が勝手に決定したタイミングに自分を強制的に合わせる、という点では同じこと。

そうなると、私が経理でやっている作業と、マリコさんが料理でやっている作業は、パターンとしては同じことをしているのです。

  1. 1. 終わりの状態、決算日にどういう状態になっていたらよいかを考える。

    (おもてなしの日に“○○(料理名)”を食べて満足しているお客様のことを考える。)

  2. 2. 作業を分解して時間を見積もり、計画を立ててとりかかる。量が増えても、対応できるようにしておく。

    (レシピを確認し、食材等を準備する。当日じゃないとできない作業とそれ以外とに分けてとりかかる。)

  3. 3. 1で予定した状態になっているか、くまなくチェックして完成。

    (味見をして、仕上がりを判断して完成。)

要するに、自分でタイミングを選べない状況で思いどおりの結果を得るのに、私達が現実に出来ているのは、

  1. 1. 目標を定める
  2. 2. 目標から逆算して段取る
  3. 3. 最後に集中して仕上げる

これ以上でもこれ以下でもありません。これにハマれば、結果は出るのです。
ポイントは、2番の段取りの部分。作業を分解しパターン化することで、3番の終わりのタイミングまでの時間が長くなっても短くなっても対応できるようにしているところです。
だから、作業中は何も考えずに目標に向かって一直線。あとは終わりの瞬間を待ち構えるだけ。

これに、婚活でやることを当てはめると、

  1. 1. 期限内に、理想のパートナーと出会うと決める。
  2. 2. ものさし(レシピ、両想い)を準備し、会ったら判断するだけにしておく。出会いの数を増やす。実際にデートする。
  3. 3. 実際に会った場で、集中して間違いなく見極める。

相手がいつ現れるかで不安になるのは、目標が定まっていないからだと思います。理想のパートナーのレシピや両想いの見極めは、段取りの話です。
段取りは出来てます。一生懸命頑張ってます。
本当にそうでしょうか?

料理の場面で「段取りが良い」と褒められるのは、作ろうとしている料理に対して、作業内容が妥当でムダが無いから。
つまり、段取りとは「目標から逆算する」という関係性があってこそ成立するのです。
目標が定まらないままでは、マリコさんの頑張りは、良い段取りとして成立しません。

「両想いの“社会性のあるオタク”は必ず現れる」
結果を出すには、ここから逆算することです。

目標が定まることに本当に意味があるのか? 次で、実例を挙げて実証します。

決マル婚とは?

<成功までの5ステップ>

成功までの5ステップ

決マル婚とは、
「"自分に最適な結婚相手はこの人!"と確信をもって相手を決められるようになる」
「"この人と一緒になれば自分は幸せ!"と納得して結婚を決断できるようになる」
という婚活に必要な決断力を身につけていただくことを目的としたメソッドです。 彼氏ナシから、5ステップで"幸せな結婚生活"へと導きます。

相談事例 連載記事一覧

<全24話連載中! 毎週水曜更新>